戻る


生物資源循環学研究室

 

   生物資源循環学研究室に所属する大学院生の声を紹介します。生物資源循環学研究室はフィールドサイエンスセンター内にある研究室で、北海道にある獣医学部附属フィールドサイエンスセンター八雲牧場を主体とした研究テーマ(放牧など自給粗飼料100%で生産した牛を基盤とした畜産学・草地土壌学・生態学を勉強します。  現在、学部生は所属していませんが、大学院コースのひとつとして生物資源循環学研究室に進学できます修士一年:4~8月は授業単位修得のため十和田に滞在、それ以降は生活基盤を八雲へ)。八雲牧場の最大の魅力は化学肥料・除草剤を一切使用しない草地とそこから得られる牧草のみで生産される牛(北里八雲牛)を研究テーマにできることです。また、畜産(牛)の生産から出荷・販売までを間近に見られ、現場で行う研究なのでin vivoin vitroの成果をより直接的に関係づけられる日本でも数少ない研究室です。現在の所属大学院生はM21名です。   


 

大学院生の声

生物資源循環学研究室修士2 森井崇光